英語のyetの使いこなせるようにしたいので少し調べて見ました。

1、(否定文で)今のところまだ(~ない)

将来起こるであろうことが期待されるが、今はまだそうなっていないときに使う。
・They haven’t finished yet.
・Not yet.
このyet使い方は簡単しわかりやすい。

2、(疑問文で)もう、すでに

・Have you met him yet? もう彼に会いましたか?
1の場合と反対の意味なるように見えるが、これも「将来起こるであろうことが期待される」と言う意味では共通している。つまり上の例文では、彼にあう予定になっている、ということが前提されている上での質問なのだろう。

3、(過去の否定で)そのときはまだ~でなかった。

1と同じで過去のある時点では「~でなかった」が、そこから将来のいつかの時点では「そうなった」ということを含んでいる。

実際の例

上記のことから考えるとyetという言葉には「当然そうなっている想定」があると言える。そこでもう少し難しい例を見て見よう。

・And yet, it moves. それでも地球は回っている。
「(まぁいろいろなことはあるだろうが)当然のこととして、地球は回っている。」と考え、そこから「それでも」と言う意味になる。と考えられる。

・simple yet effective. 簡単で効率的。
「簡単である。(その当然として非効率であるはずだが)効率的だ。」

・They have yet to make a decision. 彼らはまだ決定を下していない。
「make a decision の方へ向かうことをyet(当然)として持っている(have)」。と考えれば、理解できる。

Yet Another Fast Database Manager. もうひとつの高速データベースマネージャ
「(当然ほかにもいろいろあるのだろうが)またまた新しい高速データベースマネージャ」と理解できる。

Yet again, またしても。
「(当然として何回もあることなのだろうが)またしても」と理解できる。

yetに「当然」というニュアンスがあっても、その「当然」が肯定的に使われるか否定的に使われるか、すなわち「当然なのに」なのか「当然だから」なのかはまちまちであって、なかなか難しいが、否定文の中で出てきた場合は「当然なのに(実際は~でない)」という意味になるようだ。

実際の例(難しいバージョン)

英語の記事から幾つかひろってみよう。
・For the third time in the post-war period, the United States banking system is insolvent, yet on this occasion the banks aren’t the problem. 戦後三度目のUS銀行の破綻、しかし問題は銀行ではない。(元記事

・”Nobody can say the war in Afghanistan has gone well, and yet, as we speak here today, American men and women and their coalition partners are fighting a very difficult struggle against a ruthless and determined enemy without any scruples at all,”
アフガンとの戦争がうまくいってるとは誰も言わない。それでも(当然のこととして)、いうけど、難しい戦いをしている・・・(元記事

Yet the Knowles family is less badly hit than at least one extended Stevenage family, four of whose members lost their jobs in the run-up to Christmas.
(当然のこととして)ノールズ一家は、スティーヴィナージの大きくなった一家よりひどくないけど・・・

・In rush hour, the roads around Stevenage are clogged up with commuter traffic – yet here, everybody seems to know somebody who has been hit by the downturn.
ラッシュ時には車がいっぱいだけど、ここでも当然のこととして、不況にやられた人のことはみんな知ってるみたいだよ。(元記事、上とこれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です