VS 2005 Expressで2008で開発できるようにして32ビットでも動くようにする

開発環境を2008にすると、新しいDLLなどを使うのでwin2kなどで動かなくなると嫌なので、しかし2005はvistaとかで上手く動かないのでどうにかしたい。

プラスCシャープでアプリを作って32ビットDLLを読み込むと64ビットで動かなくなるのでどうにかしたい。

2005CSで空のプロジェクト”MyApp”を新規作成
保存する”C:\T\MyApp”
プロジェクト”MyApp”を削除する。
2005CSを閉じる
フォルダ”MyApp”を削除する。
MyApp.slnの所に2005というフォルダをつくりこのソリューションファイルを移動する。
移動したMyApp.slnを開く。
新しいプロジェクト”MyAppLib”をつくり、C:\T\MyApp に保存する。

AssemblyInfo.csとClass1.csをどっかにコピーしてから削除する。
2005CSを閉じる
MyAppLib.csprojをソリューションファイルと同じところに移動する。
ソリューションを開き、利用不可になっているMyAppLibを削除する
既存のプロジェクトをついかで、2005\MyAppLib.csprojを追加する。
既存の項目を追加で、とってあったAssemblyInfo.csとClass1.csをC:\T\MyApp\MyAppLibの下に戻して追加する。このときcsprojの下にコピーする。slnやcsprojのあるところにはcsファイルは置かないので、csprojを直接編集する。
2005CSを閉じて、エディタでMyAppLib.csprojを開いてファイル名らしいところを、..\MyAppLib\Class1.csなどと編集する。
ソリューションを開いてちゃんとファイルが開けるか確認。
MyAppLibの参照に”System.Windows.Forms”を加える
プロジェクトMyAppLibにあたらしいフォームを追加する。
この時もcsprojの下につくるので上記のように頑張って移動する。
Class1にメイン関数MyMain()を追加する。

ソリューションに新しいプロジェクト”MyApp”を追加する。

プロジェクトMyAppのForm1を削除する。
Resources.resxとSettings.settingsを削除。
MyApp.csprojを2005に移動して、エディタで開いて、ファイル構成が同じになるように色々頑張る。
MyAppの参照にプロジェクトMyAppLibを加える。
MyAppのMain()を書き換える。

MyAppがちゃんと動くか確認。2005の下に変なファイルを作らないか確認。

次に2005を2008ファルダにコピーする。
2008\MyApp.slnをVS2008CS Expressで開いて頑張る。

32ビットで起動するためのexeをVC2005EEでつくる。
VC2005EEで新しいフォームアプリMyApp32をつくり、フォームやアイコンを削除して、参照にMyAppLib.dllを加えて、main()を書き換える。

これでMyAppLibが32bitDLLを使っていても64bitから起動できる

Posted in Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)