サイレントテロの略。以下のコピペがよく貼られる。

・とにかく競争心を持たない。負けるが勝ちでOK。
・食事…100円ショップ、安い食事で済ませる。 高級飲食店で無駄金は使わないようにする。
・衣類の無意味なブランドには興味を持たないようにする。
・同棲、結婚、出産、共同生活等、生産性を促す社会活動には、加担しない。
・子供は只の消費財である。子供一人につき4千万円の出費である。今時、親になるのは正気の沙汰ではない。
・勝ち組(笑)の不幸・転落ニュースを最大かつ唯一の楽しみとすると面白い。
・他人や社会には嵌められないようにチェックはするが、競争には加わらないこと。
・女性は必要に応じて安価な風俗で済ませるようにする。
・基本思考は「所詮、人生なんて死ぬまでの時間つぶし」でOK。
・奴隷労働型企業では働かないようにする。自分の働いた半分は楽している勝ち組に搾取されるだけであることを知る。
・高級品・高級車・住宅は、使いません買いません。欲しがりません。の思考でOK。
・学歴も金もいい女も思い出も、墓場までは持っていけない。
・今使っている物以上は、持ちません、買いません。の思考で特に問題はない。
・テレビ、雑誌の記事はなにか買わせようと煽っているだけ。そんなものに乗るのはバカ。
・テレビは宣伝する会社である。全て何か買わせようとたくらんでるとみなすこと。
・勝ち組(笑)の競争の誘いには乗らないこと。
・できれば金のかからない快楽を見つけること。
・できるだけまめにオナニーするようにして30後半まで頑張って性欲を封じ込めてみるのも一興。
・ネットをフル活用しすべての娯楽、生活情報収集は基本料のみで済ませるようにする。
・ひとはすべて快楽で動いている。脳内の電気信号で一生振り回されているだけである。
・快楽に貴賎は無い。ごろ寝・妄想オナニー等々各自の好きな快楽追求で十分である。
・勝ち組(笑)だろうが負け組(笑)だろうが、結局、人生の最後に行き着くところは「死」である。結果は同じなのだ。

簡単に言えば消費しないということだ。かつて吉本隆明は消費を必需消費と選択消費に分け、選択消費が必需消費を上回った資本主義社会を超資本主義とした。そしてこのような社会で国民が社会に不満があるなら、選択消費を抑えるのことで大きなダメージを社会に与えられるとした。言葉の響きから意味はわかると思うが、必需消費とは衣食住などの絶対に必要な消費、選択消費とはそれ以外の消費しなくても大丈夫な消費のことだ。

サイレントテロとは選択消費なんかゼロにしてやるぜ。という運動のことだ。昔の経済学ができたころは選択消費なんてものの割合はそう多くはなかったはずだ。賃金はほとんどすべて必需消費に消える。これはアダムスミスでも、マルクスでも同じ考えだったはず。

しかし現在は違う。選択消費が必需消費を上回った時代だ。このような時代において古い経済学を振り回して失敗するとサイレントテロにあうわけだ。政治家や頭のあまりよくない経済学者はこういうことをあんまり考えていないようだが、今の日本には絶望と不満が渦巻いている。負け組みだけじゃなく勝ち組さえこのテロリズムに協力している。このテロに特効薬はない。彼らの不満を理解し、和らげる努力をしないと日本はどんどんだめな国になっていくだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です