自由の国アメリカ。freedom。Youtubeに言ってコメントを見てみよう。コメント欄に↑と↓のボタンがあって、ログインした状態でこれをクリックすると、書き込みを評価できる。評価が低くなるとそのコメントが見えなくなる。見るためにはログインしてspamをクリックしないとならない。

digg.comでも同じようなことが行われる。彼らの世界では多数決こそすべてで、多数決で勝ったものはすばらしいもの、そうでないのは駄目なもの。たくさん売れたものはすばらしいもの、そうでないのは駄目なもの。

しかし日本ではそうではないと思う。少なくとも自分はそんな風に感じたことはない。amazon.co.jpでトップセラーの本を見てみよう。どうかんがえてもつまらない本ばっかりである。

google.com。確証があるわけじゃないが、所謂NGワードが設定されていると思う。あることば(つーちゃんなどで使われることば)を使うとそのページのランクが下げられ、検索が下位になる。アクセスが減るので気が付いた。言葉狩り乙。

これらは全部アメリカの話、日本は違うのだ。アメリカの価値観を日本に持ち込まれると日本はつまらなくなってしまう。神は細部に宿るの。人気商品に面白いものはないの。だからみんな中流で、あんまり売れないものを作っている企業も生き残ってくれないと困るのです。

大体、他の国の文化を楽しめるのはそれが自国のものとは違うからなのです。だから保護主義でいいのです。効率なんて悪くたっていいのです。そんなのは相対的に決まるんだからみんなが悪くなればそれが普通なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です