ヘーゲル閣下の本をよんでいたらヘーゲルがこの言葉を自慢していた。この言葉は保存するという意味と廃棄するという2つの相反する意味を持つそうなのである。ドイツ語の奥深さを知るがいい、みたいに言ってた。

日本語訳だと止揚と訳されていた。揚棄ともいうらしい。

ところが日本語にも同じような言葉があった!というか中国語か?その名も

創造の創、満身創痍の創。この言葉ははじめるという意味とともに、傷と言う意味ももつ。はじめるのに傷つくなんてなんか矛盾していてかっこいい!大発見!Aufhebenはこの字を使って訳すべきだった。

ところで中国語ではAufhebenはなんと訳されているのだろうか?Wikipediaにのってねージャン。中国のことだから日本と同じだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です