最近の国会で共産党の吉井英勝がこんな趣旨のことを言っていた。「もんじゅはもうやめるべき。今いる研究者は廃炉の研究をすればいい」

廃炉の研究。この人は人がでつくってきたもの対して自分自身でをぶっ壊す研究をしろというのだ。

ひどい。

原発は未来のエネルギーだ。単に化石燃料が枯渇するとかいう話ではなく、技術的に進んだものであって、それを自由に使いこなせばもう後戻りできないエネルギー、それを捨ててしまえば、それを獲得した国から買うことになる。遠い将来を考えればそうなる。

原発の話は、だから日本の未来がかかっていて、怖いとか、効率的だとか、そういうレベルの話じゃない。

反対する人は条件を整えてから反対すべきで、無条件絶対反対という主張は日本の停滞と同じだ。

こういうひどいこと言う共産党。幸い与党になる気がないのが救いだ。自分たちの無能ぶりをよく分かっているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です