東電の今後のあり方が盛んに行われているので、ちゃんと書いておこう。まず第一、東電の最大の問題点はなにか?という問に対して。これは安全とかではない。それは、なぜ東電は、原発はもうできてから長いのに、全く原発を進化させていないように見えるのか、ということ。だからこれは東電だけの問題ではない。

ひとつの答え。地域独占で利益はどうやってもでるので甘やかされているというもの。よって民営化して競争させれば進化するというもの。

それに対しての反論。ではなぜ日本はここ最近の景気は良くならないのか?この問に対して経済学者は解答できないでいる。

第二、これも第一から容易に導ける。放射能が危険と言われているのに、なんでそんなところで何時まで経っても人間を働かせているのか?つまり器械に置き換えていくようになってないのか?

答え、人間を使うほうが安いから。コストとか効率というのはこういうこと。対する反論。ではコストが高く効率が悪いほうがいいのか?答え、理想として言えばすべてを器械に置き換えて、それを監視するのも器械に置き換えていけば最終的に一人で管理できる。よってコストはその器械の減価償却費となり安くなる。効率も当然いい。ここまで言い切ればユートピアと言われるが、方向、量的に言えばこうだという話。

国有化について、
最終的には国有化は当然。電気なしの生活はあり得ないのだから、国はこれをどんな人間にも届けなければならない。問題は手続き。一部経済学者の言う、さっさと減資すればいいというものではない。スムーズにそしてスマートに移行する必要がある。

原発反対の左翼について、
彼らは反対を叫ぶが理由についてはあまり語らない。だからこう推測するしかない。人間には原発なんてものは能力的に、本質的に、絶対的に無理なのだからやめろというふうに。よって、原発というものを未来永劫、人間が滅びるまで完全に封印する、という主張になる。そんな人間を見下した思想が未来永劫続くわけはないということ。敗北確定の思想。

政治家、公務員の役割
上記原発の反省点を見逃すことなく克服し、原発の未来を語り、日本人の有能さにより克服できることを語ること。原発政策の国家的推進により、それ自身でも、その後にも、充実した生を感じられると信じるに値するような構想を示すこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です