行政や政治がインターネットをフル活用するようになってきている。これは嬉しいのですがツイッターを国が使いすぎるのは問題だと思います。

ツイッターはアメリカの一企業であって、サーバもアメリカにある。日本の法律だとツイッターみたいなのを作る場合は許認可がいると思うが、そんな政府の許可もないのです。ツイッター社はやろうと思えば検閲だってできるし、削除だって成りすましだってできるのにそうしたとき日本はなにもできない。

ツイッターの全記録はアメリカのどっかの図書館に保存されるらしいが、日本人の発言記録は日本人がもつべきものだと思います。

ツイッターのようなものは国が作ればいいと思います。そうして社会的影響力のある人、政治や大企業の偉い人などはアカウントをもつこと、さらに発言させることを強制していいと思います。

国民IDができればそれと連動した実名アカウントを作れるし、匿名アカウントもできる。

サーバさえあればプログラムは簡単だと思うし、オープンソースで作ったっていい。予算などあんまりかからないと思うし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です