ホリエモンとか小沢氏が検察にやられたときに、どれだけの人が検察を非難するかが、この国がどれほど資本主義に向いているかを示していると。資本主義を前に進める精神は彼らのように既存の殻を社会の倫理を忘却して破っていく精神です。そういう精神がないと資本主義のいいところは機能しなくて悪い面だけが大きくなっていくと思います。

youtubeなんて特に初期の頃は著作権侵害しまくりのはずなのになんで訴えられたり虐められたりしないのだろうかと言えば、一番大きく言えば人々がつぶすべきではないと判断したからだと思う。

こういう上の立場の人とともに大切なのが労働者の精神。欧米ではストが起こるのに日本では全然起きないどころか労使が協力してやっている。つまり上を見ても下を見ても日本は資本主義には適さないということだろう。

だから資本主義はほどほど諦めて、国がやればいいのだ。ベンチャーだって市場でやらないで国が融資すればいい。それが絶対できないと言う理由はない。労働運動だって国が助ければいい。民主党の経済成長などといって全然逆を行っている。供給から需要へとかよくわからないことを言っていたが、それが成功するとすれば同時に進行している福祉の増大や育児手当によるものになると思う。しかし育児手当などは本来の解決法ではなく、そんなものが必要になってしまう原因を除去しなければならないはず。BIだって同じ理由で全然だめだとおもう。

そういえば朝青龍もいました。なんか笑顔で責任をとって辞めるとか言ってて笑いましたが、せっかく土俵の上では鬼になるとかいいこと言ってたんだから、何回注意されてもそのたび適当に謝って、ガッツポーズ(笑)しまくればいいのにと思いました。やっぱり途中でやめてしまうとがっかりしますね。別に見てないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です