http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20091204/178292/?P=1

こういう記事に対しては批判してきたので、代替案を示す。それにしても、こういうのをイノベーションと呼ばれてしまうのは悲しい人もいっぱいいるのではないか。

1、従業員が扱う機械設備に対する認識の変換

いままでは機械設備は、従業員にとっては「それが」としての対象でしかなかった。それを「それを」に変える。そのためにはそれに対する知識が当然必要になるので勉強してもらう。常に扱っているものなのだから、習得は比較的容易のはず。

2、機械設備のイノベーション(自然化)

1を終えれば、イノベーションは自分だけが対称でなく、機械設備を含めたすべてになる。そして人間の機械的作業を機械に置き換える。これこそイノベーションでしょう。

もちろんこれらはすごく単純化しているから、問題が色々あるのでしょうが、理想として書いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です