stringのvectorをスペースで区切って1つのstringにする


TLTR

ostringstreamとは

<<で渡された値を内部に持っているstringに追加していく。

ostream_iteratorとは

=で渡された値をコンストラクタで渡された出力ストリームに追加していく。
コンストラクタの2番めの引数はデリミタを指定する。=でストリームに追加したあとにこの値も追加する。デフォルトでは何も追加しない。
++演算では何もしない。これにより下記のcopyで役に立つ。

上のコードは以下のようにコンソールに出力される。

copyとは

第一引数と第二引数のイテレータで入力範囲を指定する。
第三引数で出力イテレータを指定する。

入力出力とも++で一個ずつずらしていって=でコピーする。

ostream_iteratorの++は何もしないで=で値をストリームに追加する。(最初のコード参照)

Win32APIが呼ばれたときブレークポイントを設定する

CreateProcessでブレークポイント

CreateProcessでブレークポイントを設定するには、新規ブレークポイントで以下のように入力する。

kernel32.dllはこの関数を実装しているDLL40、はこの関数の引数のバイト数だと思われる。

CreateProcessにブレークポイント

このやり方でうまくいかない場合

プログラムの最初の方で適当なブレークポイントを設定し、以下のコードの結果を調べる。

このアドレス値でブレークポイントを設定する。
アドレスでブレークポイント

アドレスでブレークポイント設定"

ShellExecuteExなどはCreateProcessを他のスレッドで呼ぶらしい。その場合はデバッグの場所でメインスレッドを指定する。
メインスレッドを選択

スタックトレースがうまく表示されないときはシンボルのロードをする。

追記:Visual Studio 2017以降で動かない場合

関数ブレークポイントの設定で以下のように入力する(アンダーバーと@以下を削除する)。