std::sortのリバースソートでinvalid comparator

リバースソートする場合はコンパレーターの戻り値を逆にするのはだめ。”<"の反対は">=”であって結果の反転じゃ意味が異なるため。
もともとのコパレーターの引数を反対にすることで対応する。

VCだとちゃんとチェックしてくれていてアサートに引っかかった。

Posted in Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)