debianでブート時に/tmpを削除しない方法

/etc/default/rcSを編集する。このファイルはブートプロセス時の制御を行う。man rcSでマニュアルを表示できる。ここでTMPTIMEを設定する。

TMPTIME
0にすると、ブートの度ごとに/tmpにあるファイルが削除される。10とすると10日間使われていないファイルが削除される。

Posted in Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)