gccの標準のインクルードパスを調べる

gccのインクルードパスと言っても、#includeを処理するのはプリプロセサなので、まずgccがどのプリプロセサを使うかを調べて、そのプリプロセサからインクルードパスを調べなければならない。

なので最初にgccが使うプリプロセサを調べなければならないが、まともな方法がわからないので、以下のソースを-vオプションつきでコンパイルしてそこから探してみる。

これでcc1を使うことがわかったが、すでにここにインクルードパスが出力されるので目的は達成してしまった。

それでも少しまともにやってみると以下のようにできた。

追記

でいいらしい。

Posted in Uncategorized

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)